FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかが遊び・されど遊び「にしのみや遊び場つくろう会」

ラジオ番組「聴いてほしいの子どもの気持ち」

たかが遊び・されど遊び
子どもにとって”遊び”は、発達していく過程で、とても大切なもの。今回は、その遊びがテーマ。

デンマークで生まれたプレーパークは、子ども達が”自分の責任で自由に遊ぶ”ことをモットーに、大人たちが子どもたちの遊びを見守る遊び場。そのプレーパークを西宮で行っている「にしのみや遊び場つくろう会」の代表 米山清美さんにお話を伺いました。

☆にしのみや遊び場つくろう会 http://pp-nishinomiya.net/

米山さん

西宮で遊び場を作った米山さん、そこは何と国有地。
震災の後、外で遊ぶ場所がなくなった子どもたちに、何とか遊び場を与えたい、その思いがプレーパークへとつながり、今では乳幼児から80代のおじいちゃんまで、多くの人たちが集う遊ぶ場になったとか。

そのプレーパークには、驚いたことに禁止事項がないそうです。
遊びの中に存在する「あぶない」「きたない」「うるさい」を、大人が口出しせずに見守ってもらえる貴重な場。
つまり、どろんこ遊びや、穴掘り、ちゃんばらごっこ、など、遊具が何もない自然の中で、子どもたちが自由に遊んでもいい場所なんです。

子どもたちは遊びを通して、いろんな事を学びます。
こけそうになった時に踏ん張る力、痛くない転び方、友達と遊ぶ時のコミュニケーション力などなど。全ては体験から生まれます。よく遊んでいる子は、大きな怪我をしない、といわれるでしょ。

その「遊ぶ力」が生きる力、自分で自分の身を守る力に繋がるのではないかとおっしゃる米山さん。自らを、子どもが自ら育つ”子育ち応援隊”だとおっしゃるな肝っ玉母さんです。

◆FMわいわい http://www.tcc117.org/fmyy/ 
 インターネットから、全国どこでもリアルタイムで聞くことが出来ます。 http://www.simulradio.jp/

聞き逃したという方は「チャイルドサポートバンク」までご連絡ください!  childsupport@nifty.com


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チャイルドサポートバンク

Author:チャイルドサポートバンク
”子どもの視点に立つ”を合言葉に
『ラジオ番組』
『学習サポート』
『セミナー』
『ワークショップ』
など様々な活動をしています。

★FMわいわい(77.8MHz)
「聴いてほしいの子どもの気持ち」
 日曜日17:45~18:00 
 翌土曜17:00~17:15(再放送)

★発達のゆっくりした子
  の学習サポート
 childsupport@nifty.com

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。