FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「県立こども病院」の先生に聴きました

ラジオ番組「聴いてほしいの子どもの気持ち

兵庫県立こども病院 脳神経内科の永瀬裕朗先生に、お話を伺いました。
 
永瀬先生

◆「てんかん」って怖いの?
脳神経内科は、「頭痛」「てんかん」「発達障害」など、子どもの神経に関わる病気を見るところです。中でも受信患者さんが多いのは「てんかん」。
「てんかん」は、脳の中で電気信号を通しやすい神経構造をされている方に多いそうで、ピクッとしたり、ボーっとしたり、痙攣したり、倒れたり、という症状が繰り返される状態を言うそうです。
『怖い病気』と思いがちですが、発作の状態や頻度を把握して援助すれば怖くはないんですよ。

◆「睡眠」「夜尿」
どうして寝ないの?眠れないの?
小学生になっても「おねしょ」が治らないのは何故?
そんな悩みを聞いてみました。
なんと、小学6年生で「おねしょ」をする児童は10%もいるんですって。
成長と共に減っていくので、あんまり心配すること無いそうでうよ。

兵庫県立こども病院 
http://www.hyogo-kodomo-hosp.com/

◆FMわいわい http://www.tcc117.org/fmyy/ 
 インターネットから、全国どこでもリアルタイムで聞くことが出来ます。
 http://www.simulradio.jp/


聞き逃した、という方は「チャイルドサポートバンク」までご連絡ください!
childsupport@nifty.com




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チャイルドサポートバンク

Author:チャイルドサポートバンク
”子どもの視点に立つ”を合言葉に
『ラジオ番組』
『学習サポート』
『セミナー』
『ワークショップ』
など様々な活動をしています。

★FMわいわい(77.8MHz)
「聴いてほしいの子どもの気持ち」
 日曜日17:45~18:00 
 翌土曜17:00~17:15(再放送)

★発達のゆっくりした子
  の学習サポート
 childsupport@nifty.com

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。