FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ロータリー子どもの家」&「色彩楽園」

ラジオ番組「聴いてほしいの子どもの気持ち」

阪神淡路大震災の時に子どもたちを支援されたお二人の先生にお話をい伺いました。

難波・藤井

社会福祉法人 神戸真生塾 子ども家庭支援センター「ロータリー子どもの家」の難波美智子先生と「色彩楽園」藤井昌子先生です。

子どもたちの心のケアに関わってこられたお二人に、今回の震災への思いや子どもたちへの願いをお聞きしました。
藤井先生は、東北へボランティア活動に行ってこられました。
子どもたちは変わらない。きっと絵を描いて元気になれる。それは神戸の子どもたちが教えてくれたから。藤井先生はそうおっしゃいっています。

◆FMわいわい http://www.tcc117.org/fmyy/
 

◆インターネットから、全国どこでもリアルタイムで聞くことが出来ます。
http://www.simulradio.jp/


聞き逃した、という方は「チャイルドサポートバンク」までご連絡ください!
childsupport@nifty.com


「ロータリー子どもの家」は、阪神淡路大震災の時に、世界各地のロータリークラブから寄せられた義援金を元に発足した団体です。当時は、被災家族の子ども一時保育と被災した女子留学生の受け入れをされたそうです。
現在は、子育て真っ最中のお母さんや子どもたちのために、多彩なプログラムを行なっています。
http://www.rotary-kodomonoie.org/

ロータリー子どもの家


「色彩楽園」は、阪神淡路大震災当時、避難所や児童館や公園にクレヨンや画用紙を持って、子どもたちの心のケアのために出張アトリエ活動をされました。今回の震災でも、絵の具とミルクを持って、16年前と同じように避難所を回って来られました。
現在も月に1回、大倉山公園で「あおぞら色彩楽園」を開催していらっしゃいます。「あおぞら色彩楽園」は、16年続いている子どもの心の ケアのためのボランティア活動です。
参加は自由。今月は4月17日(日)の開催です。

色彩楽園 http://www.shikisaigakuen.com/
あおぞら色彩楽園  http://blogs.yahoo.co.jp/aozora_oekaki 

★「色彩楽園」から子どもレスキューチームメンバー募集のお願い

被災した子どもたちをレスキューするチームのメンバーにご登録ください。
「現地に行きます」「在宅で手伝います」などなど、「何か手伝いたい」と思う方はぜひ、ご登録をお願いします。登録していただいた方々でメーリングリストを作成し、今後の支援活動の情報を流します。

詳しくは、「ござる彩遊記」をご覧ください。 
http://blogs.yahoo.co.jp/kozaru_saiyuuki


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チャイルドサポートバンク

Author:チャイルドサポートバンク
”子どもの視点に立つ”を合言葉に
『ラジオ番組』
『学習サポート』
『セミナー』
『ワークショップ』
など様々な活動をしています。

★FMわいわい(77.8MHz)
「聴いてほしいの子どもの気持ち」
 日曜日17:45~18:00 
 翌土曜17:00~17:15(再放送)

★発達のゆっくりした子
  の学習サポート
 childsupport@nifty.com

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。