FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸市こども家庭センター

『神戸市こども家庭センター』 の伊藤さんにお話を伺いました。


  神戸市こども家庭センターって?? (5月2日放送)

  親子のあり方や、子どもの育て方を共に考え、
  子どもの問題をどう解決するかについて援助します。
  相談は地域を担当する児童福祉司がお受けし、
  相談の内容により児童心理司・医師等とチームを組んで
  問題の解決にあたっています。

子供家庭センター1

子供家庭センター2



 0歳~18歳までの児童の相談窓口があり、 

 家庭で育てられない * 発達の遅れが気になる  
 しつけや育て方に不安を感じる * 生活の乱れや非行の心配 
 学校に行きたがらない など 
 どんな点で困っているのか一緒に考えることから
 問題解決にむけて出発することができます。


`このような相談があります`

〇 初めての子供だと不安がある
〇 保育園では相談しにくい  
〇 よく知っている人に相談するのをはばかれる

 
~小学校までは~

 ・ 言葉が遅い   特に言葉の問題は他と比較して
           心配してしまいがちです。
 ・ 友だち関係   友達同士まじわれない、遊べない。
           元気がすぎて乱暴をする
           幼稚園保育園に行きたがらない。
 ・ 落ち着きがない 元気がよすぎる 活動的である 
           注意がいろんな刺激に向かっている。
           育っている環境が不安定な場合もある

 落ち着きのない子は、注意されたりしかられたりすることが
 多いので、 自尊心が傷ついたり自己評価が下がってしまい、
 その結果周囲とうまくいかなくなることがあります。
    ↓
 困っているところを注意するだけではなくて
 その子のいいところを認めて伸ばしてあげることが大切です。

~小学校から~

 ・ 学習の問題が遅れている
    文字の読み書きの遅い
    → 遅れがあると学校生活がしんどくなり、
      学校が楽しくなくなる。

 ・ 不登校の問題
    朝起きなくなった
    きっかけは友達関係、先生との関係。
    授業がわからない。家庭の問題。神経症的な症状 など。
 
 
 こども家庭センターから、
 学校の先生に相談の連携をとるという方法もあります。

 専門家ではなく身近な人に相談すること
 話をきいてもらうことが大きな支えになります。
 それが地域で子育てを支えるということにも繋がりますので 
 民生委員、主任児童委員、地域の子育てでも
 相談に応じていますので一度相談してみてください

    一人で悩まずに、
    相談できるところ・相談できる人に声をかけてみてください。




神戸市 保健福祉局 こども家庭センター 
      (ハーバーランド こべっこクラブ内)
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-1
電話:078-382-2525 Fax:078-382-1902




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チャイルドサポートバンク

Author:チャイルドサポートバンク
”子どもの視点に立つ”を合言葉に
『ラジオ番組』
『学習サポート』
『セミナー』
『ワークショップ』
など様々な活動をしています。

★FMわいわい(77.8MHz)
「聴いてほしいの子どもの気持ち」
 日曜日17:45~18:00 
 翌土曜17:00~17:15(再放送)

★発達のゆっくりした子
  の学習サポート
 childsupport@nifty.com

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。