FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DV(暴力)が子どもに与える影響

DV(domestic violenc)。
テレビや小説の中だけだと思いがちですが、私達にも身近な問題かもしれません。
そこで、女性と子どもの人権を守る、NPO法人女性と子ども支援センター「ウイメンズネット神戸」代表の正井礼子さんに、DVが与える子どもへの影響についてお話を伺いました。
正井さん
★ウイメンズネット神戸 http://wn-kobe.or.jp/

大人の夫婦間の問題だと思っていたDV。
しかし、今は元夫婦や恋人など近親者間に起こる暴力もあるそうです。

例えば、デートDV
結婚していない男女間での体や言葉、態度などによる暴力が、中高校生や大学生に起こっているそうです。
恐ろしいですね。

また、子どもが直接親から暴力を受けるだけでなく、暴力を受けている母親の姿を目撃する子どもにも関係があるそうで、心身の発達に大きな影響がでるそうです。

私たち大人は、DVを他人事だと思わないで、暴力以外の解決方法があることを、子どもたちに教えていく事が役割なのかもしれません。

★シングルマザーら悩みを抱える女性やその子どものための拠点
WACCA(Women and children care center)わっか
http://blog.canpan.info/womens-net/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チャイルドサポートバンク

Author:チャイルドサポートバンク
”子どもの視点に立つ”を合言葉に
『ラジオ番組』
『学習サポート』
『セミナー』
『ワークショップ』
など様々な活動をしています。

★FMわいわい(77.8MHz)
「聴いてほしいの子どもの気持ち」
 日曜日17:45~18:00 
 翌土曜17:00~17:15(再放送)

★発達のゆっくりした子
  の学習サポート
 childsupport@nifty.com

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。