FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもへの暴力防止プログラム

ラジオ番組「聴いてほしいの子どもの気持ち」

子どもの人権が尊重され、”子どもへの暴力を許さない安全な社会”を目指すNPO法人「CAPセンター・ジャパン」。
その人権教育プログラムについて、事務局長 長谷有美子さんにじっくりとお話を伺いました。

◆FMわいわい  http://www.tcc117.org/fmyy/
 
◆インターネットから、全国どこでもリアルタイムで聞くことが出来ます。  http://www.simulradio.jp/

CAP

◆CAPセンター・JAPAN   http://www.cap-j.net/

NPO法人「CAPセンター・ジャパン」は、アメリカで開発された「子どもへの暴力防止プログラム」を実践するための「実践者」を日本全国で養成している組織です。

そのプログラムは、1995年に日本の文化に合うように翻訳されて、日本でも実践されるようになりました。
その背景には、子どもへの暴力の問題が社会問題になるだろうと危惧した医者や弁護士の声、そして子どもの権利条約が採択された社会状況があったそうです。

一口に”暴力”といっても「いじめ」「虐待」「連れ去り」「痴漢」「セクハラ」なども色々あります。これらの暴力は、一見身近ではないと思いがちだけど、子どもの生活の中にはたくさんあるそうです。
・・・そういえば、そうだ・・・。

暴力を受けると、当然子どもたちの「こころ」と「からだ」は傷つきます。そして、そのまま放置するとエスカレートするという特徴があるそうです。放っておけませんよね!

そのCAPの3つの柱は
「人権意識」「エンパワメント」「コミュニティ」

”安心”して”自信”をもって”自由”に生きる権利が子どもにはある、と知ることから始まります。
だって、暴力を受けると、安心、自信、自由が奪われてしまうから。
その暴力から”自分の身を自分で守る”ために、「何ができるか」を学ぶそうです。

”しちゃダメ”じゃなくて、できる事を学ぶというところがポイント。
劇を使ってワークショップ形式で学習していくそうですよ。


◆FMわいわい http://www.tcc117.org/fmyy/ 
 インターネットから、全国どこでもリアルタイムで聞くことが出来ます。 http://www.simulradio.jp/

聞き逃したという方は「チャイルドサポートバンク」までご連絡ください!  childsupport@nifty.com
スポンサーサイト
プロフィール

チャイルドサポートバンク

Author:チャイルドサポートバンク
”子どもの視点に立つ”を合言葉に
『ラジオ番組』
『学習サポート』
『セミナー』
『ワークショップ』
など様々な活動をしています。

★FMわいわい(77.8MHz)
「聴いてほしいの子どもの気持ち」
 日曜日17:45~18:00 
 翌土曜17:00~17:15(再放送)

★発達のゆっくりした子
  の学習サポート
 childsupport@nifty.com

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。